本文へスキップ

株式会社開発技術コンサルタントは上下水道・道路などのインフラ整備の推進に調査・設計等の総合技術力で支援を行う建設コンサルタント会社です。

TEL. 045-260-8360

〒232-0022 神奈川県横浜市南区高根町三丁目17番地12KSビル

サービス/写真で見る業務概要CONCEPT

サービス

      

優れた成果品を目指して技術スタッフによるミーティング  未来につなげる都市づくり(横浜市みなとみらい) 


 私たちは業務の遂行にあたり、常に複数の経験豊富なスタッフにより業務内容の確認と共有化、検討課題の整理と作業手順の作成、想定される問題点や検討課題の洗出しを行い、業務実施方針を作成いたします。業務遂行の要所で作業進捗状況の確認や議論を重ね、検討結果の妥当性などの品質チエックを行なっております。設計成果品の品質向上とリスクに対する気付きのセンスの習得による多角度からの検討に努めております。また業務内容を社員が共有化することによってワンストップの顧客対応ができ、また若手技術者の技術力向上にもつながります。日常の業務経験や自発的な自己研鑽に努め、未来につながるインフラ整備にお役立ちできることが私たちの目標でもあります。 


写真で見る業務概要

下水道設計、上水道設計、特殊工法設計、道路設計、測量・地質調査等の概要写真です。      
                      

      
上水道送水管設計                調整池設計

       
 水道管路腐食調査               推進工事設計

     
 駐輪場設計                  道路設計

     
シ-ルド工事(曲線)               シ-ルド工事 

  
 土質調査

    

技術課題に対する取り組み

 高度経済成長時代に設計・施工された水道・下水道・高架道路・橋梁・トンネルなどが経年劣化し、水道断水や道路陥没、構造部材の落下など平常時や地震時の安全性の確保が課題となっています。予備施設がない状況の中で計画的な管路診断や既存利用をしながら確実で効率的な更新工事が必要となっております。インフラ投資の成熟化に伴い臨海部の水質保全を目的に合流改善への取り組みも進行しております。また近年の異常気象による大型台風や集中豪雨による土砂災害や浸水被害、竜巻被害、地震や火山災害などが新たなリスクとなっております。インフラ整備が目標とした計画・設計枠を超えるこれらの異常事象に対し防災・減災の視点を取り入れたハード・ソフト面からの技術提案にも留意し、取組んでいます。

バナースペース

株式会社開発技術コンサルタント

〒232-0022
神奈川県横浜市南区高根町三丁目17番地12 KSビル

TEL 045-260-8360
FAX 045-253-3155

ベトナムハノイ市での技術指導
山下公園